ウルバンチッチュ

社員の給料が払えない!?

      2019/01/09

ブラックでも借りれる金融で借りてる中小企業の社長さん、実は結構多いんです。社員の給料が払えないとか、綱渡り状態で事業を必死に回してる社長さんの助けになるのがブラックでも借りれる金融なんです。その借りて返すは将来の財産になるので、よく後のことを考えて中小企業を支えるのが社長の役目なのです。

社員の給料が払えずに困ってる中小企業の社長さんが結構いるのはご存知?
本人がブラックでも借りれる金融から社長ではなくて個人として借りて給料払ってなんとか凌ぐ、なんていうのは結構あるあるなんですね。
実はこの裏技的な回避策、中小企業の界隈では有名だったりするんですよ。
この裏技を紹介しておきます。

中小企業の社長さん、あとのことも考えて。

中小企業の社長だと自転車操業だったり、資金ショートスレスレの月が出てきたりと、ブラックでも借りれる融資だよりなところが結構あるわけです。
綱渡り的な事業はよろしくはないですが、将来的にこの借りて返すという実績が社長としての信頼になっていくので、中小企業の間はこの実績を積んで頑張っていきたいと考える社長さんも多いんです。
それを影で支えるのがブラックでも借りれる金融。銀行とは違って、厳しい取り立てがある代わりにブラックでも借りれる金融なわけです。

銀行は人情無いから怖いです。

銀行は採算が取れないと見ると貸し渋り、貸し剥がしに出ます。人情の有る無しで言えばブラックでも借りれる金融の方が若干はあるわけです。
でも社長さん、万年ブラックでも借りれる金融に頼って資金繰りの余裕がない状態に甘んじてはだめですよ?
あとあと必ずこの状態を脱し、逆にブラックでも借りれる金融の助けとなれるだけの器の会社にするのがあなたの使命です。
現金社会だからこその人情と信頼はあなたの方にかかっていて、責任はあなたにあるのです。
http://xn--n9jucyaee0s5e5f1g3903a2ozg9zza.biz/

 - 金融情報